KYOTO KOUGEI WEEK 2019

KOUGEI PEOPLE
牧 圭太朗

牧 圭太朗Maki Keitaro

有限会社 牧神祭具店

PROFILE

1977年生まれ。神具指物の技術を受け継いで、神宝殿内木具調度品や社寺、家庭用の御社、地蔵堂、神輿の製作、修理に携わる。

Q&A

Q1.工芸に関わるなかでわくわくする瞬間

古い神輿や代々伝わる図面指定の神具、祭礼木具、御神宝などの新調や修理の時は、古代の加工技術が使われており、そのために道具を造りなおしたり、試作で微調整をします。その完成時には達成感があり、ホッとします。

 

Q2.必ずやること、あるいは決してやらないこと

A2.日々の仕事で使う刃物、特によく使うかんなは毎日研ぐ。

 

Q3.これからの問題点、悩み、心配事

A3.木目が詰まった無節の尾州檜材の確保と、古くから使っている道具が特殊で今はもう手に入らないものがあること。